FC2ブログ

口コミとおすすめ?

「口コミ」とは、一個人の意見にすぎないのだが、それにとらわれてしまうのはなぜだろう?

私は、年に1~2回東京へ行くんですが、いろいろと食べてみて、ココが一番イイというレストランがある。ところが、そこの「口コミ」は、5点満点でだいたい3点くらいである。でも、私は、とても美味しいと思うし、同行する妻も美味しいと言うし、著名人を見かけることもあるし・・・不思議でならない。

「口コミ」に頼る人が増えているらしいが、同時に、お店に入っていきなり「おすすめは?」と聞く人も多いようです。

昨日の夜、餃子の王将へ行ったのですが、若いカップルの男の方が店員に「おすすめは?」ってちょっとキザっぽく店員に聞いていたが、そのやりとりを見ながら横で食べていた私は「餃子の王将って看板に書いてあるやろっ」って心の中でツッコミ入れてました!!!
さらに、以前、牛丼の吉野家でも、やはり「おすすめは?」って聞いてた人がいて、びっくりしたことがあります(「特盛、卵、味噌汁にしときぃ」ってツッコミ入れたくなりますね)。

どうやら、自分で決められない人が多いようです。
カウンターお寿司屋さんでも、「おまかせ」にしてしまう人が増えてきたという話を聞いたことがあります。

当店でも、ときどき、「おすすめは?」って聞かれるときがあります。
お茶は種類も価格帯もいろいろあって、単に「おすすめは?」って聞かれても・・・
そんなときは、お好みや用途等を伺いながらお客様のお好みであろう品を絞り込んでいくように心がけていますが、
もっと単純に「おすすめは?と聞かれた時には、この商品」ってのをマニュアルみたいに決めておくのが、今の時代には合っているのかもしれませんね・・・・・・・・

でも、時々失敗しながら、自分で探すのも面白くて楽しいですね。
もちろん、わからないことは聞いてみるのがイイです。牛丼チェーンで聞くのはどうかと思いますが、高級なレストランとか寿司カウンターなどでは、「私は無知です。教えてください!!!」という姿勢で臨めば、めっちゃ丁寧に教えてくれることが多いですね。

ツイッターもはじめました。フォローミー
ツイッターでは匿名でもご質問におこたえします。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
日本茶ブログのランキングはこちらをクリックしてね!

お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園へ
スポンサーサイト



最近の「和風」は、味が濃い

先日、某牛丼チェーンで、リニューアルされた「和風牛丼」を食べた。

他の牛丼チェーンとの差別化をはかるために、「和風」テイストにしたということをワールドビジネスサテライト(テレビのニュース番組)でやってたので、気になってお昼時に行ってみた。

具が、すき焼きのような感じになっていて従来のよりも甘い味付けだった。ただし、味が濃い。たれの味が濃いのだと思う。「和風」なので、素材自体の味を活かした上品な味付けを想像していたが、やはり、今の時代薄味は売れないのだろう。しかし、甘口の味付けで、濃い、となると後味が悪く、口の中がさっぱりしないのは私だけでしょうか?


きのうのお昼は、素材にこだわっているということで、とても繁盛しているラーメン屋に行った。スープは魚介の出汁をしっかりととり、麺や具も自家製でやっているとのこと。

昔ながらのしょうゆラーメンである。「和風中華そば」とか言ってた。
確かに素材の味は良い。麺はそれだけでおいしいし、メンマやチャーシューも素材感が味わえる。ところが、スープの油(油ではなくて脂という表現が適切かな?)が多い。せっかくいい素材なのに、スープの脂ギッシュさで全てがこってりしてしまうし、後味もなんか豚骨ラーメン食べたあとのような感じ。「和風」とは名ばかりのこってりしょうゆラーメン。隣の客が「油少なめ」って注文してた(早く教えてよー)。今度行くときは「油なし」って言ってみようと思う(ちなみに、某黄色い看板のラーメンチェーンでは、「バリカタ、ねぎ多め、一味抜き、背油抜き」で注文してます)。


きょうのお昼は、スーパーの惣菜売り場のオードブルセットが980円だったので、それをおかずにして、家でごはんをたべたのだが、これまた味付けが濃い。「和風」をうたってるわけではないが、濃い。濃すぎる・・・こんなんばかり食べてたら通風になるでー(自爆)。

「和風」とは、「風」が付いているので「フェイク」のようなものって理解をしたらよいのでしょうか。
つまり、和食フェイク。和食っぽいけど、本来の和食でなくて、今売れるテイスト(濃い味)で和食風に作ってみましたって感じ。


私にとって、わすれられない和食があります。
それは、2年か3年前に某航空会社系ホテルで食べたビーフカレーです(洋食かよ?)。
これが、驚くほど和のテイストだったのです。
素材の味だけでできているって感じ。からだにやさしい感じがしました。後味もよく、本当においしかった。
そのホテルは毎年利用しているのですが、残念ながら、最近は味が少しだけですが濃くなってきました(それでもおいしいのですが・・・)。

客に媚びることなく、本物の日本食を提供し続けることが難しくなってきたのかもしれません。不景気ですし、職人のこだわりや日本食の伝統云々よりも目の前の売り上げなのかもしれません。ある芸能人が、今のラーメン屋は客に媚びすぎだと言ってましたが、ラーメン屋に限らずであります。

うちのお茶も、深蒸しがメインということで、ある意味客に媚びてるのかもしれません(わかりにくいところで、こそこそと浅蒸しも売ってたりするんですが・・・)。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村ランキング参加してます

お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の川村園ホームページ

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

ちょっと高い寿司屋では職人に「素手で」握ってほしいと思うのは私だけ?

きょうのお昼は、100円ではない、ちょっと高い回転寿司に行きました。話題の「まぐろ」を今のうちの食べておきたいということで、1皿(2貫)220円のまぐろ、500円の本マグロ、中トロ鉄火巻などいただきました。

100円チェーンのような寿司マシーンではなくて、職人さんが握ってくれるところなのですが、
できれば、ビニール手袋なしで、「素手で」握ってほしいと思うのは私だけでしょうか?

いいシャリと、新鮮なネタで評判の寿司屋です。回転しているとはいえ、ネタは新鮮な旬のものをきちんと出してくれるし、日によって入荷があったりなかったりという、チェーン店とは違う「昔ながらの寿司屋」と言えます。ただ、昔と違うところは「素手」では握ってくれないこと・・・ちょっと寂しいと感じるのは私だけでしょうか?

「素手」だと雑菌が・・・いつからそんなことを気にするようになったのでしょうか???

雑菌を全く排除したければ、生ものなど食べれません。
寿司に限らず、生で食べることは、ある程度のリスクを伴うこと。そのリスクよりも、生食のおいしさや満足感の方を、自ら選択しているはず。体調のよくないときなどは、生食を避けるなど、あたりまえの「自己責任」だと思います。

ビニール手袋で握られると、なんとなく寂しく感じます。

東京で、カウンターだけの狭い寿司屋で食べた寿司はとてもおいしかったです。もちろん「素手」でした。握りも「素手」。海鮮丼も、ごはんの上に「素手」でネタを並べていました。ネタやシャリそのものの味の良さプラス手作りのあたたかさを感じる、「日本の味だなぁ」だと感じたことを覚えています。


ちなみに、食事のときに緑茶を飲めば食中毒などほとんど起こらないはずです。
低濃度であっても効果が期待できるということが学術的にもわかっていますし、ちゃんとした寿司屋は、昔ながらの粉茶をアツアツで濃い目に出してくれるので、おいしくて安全です。寿司屋で食中毒ってあまり聞いたことがないのは、お茶のおかげかもしれません。
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村

お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の川村園ホームページ


テーマ : 日本料理・寿し・割烹料理
ジャンル : グルメ

キリンフリーのみくらべ お茶の川村園店主のグルメ日記?

??.jpg


左のは、さらにおいしい?
今日は冷蔵庫に寝かしておいて、また後日テイスティングします。

キリンフリーを自宅用に買う。しかも、2缶も・・・。普通の人なら考えられない行為かもしれませんが、私は「あえてやってみる」ということが大好きな阿呆であります!!!
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
日本茶ブログのランキングはこちらをクリックしてね!

お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園へ

テーマ :
ジャンル : グルメ

キリンフリーのおいしい飲み方 お茶の川村園店主のグルメ日記?

アルコール0.00%で売れまくっているらしい、キリンフリー。

発売当初、テレビのコメンテーターは皆、「ビールと変わらない味でおいしい」と絶賛されていました。

はじめて飲んだときの私の率直な感想は・・・「まずい!トマトジュースみたいな匂いがする!」でありました。

しかしながら、発売後も売れ行きが好調とのことなので、どうしてこんなものが一般的に受け入れられるのだろうかと考えながら、何度かキリンフリーを飲んでみました。スーパー、コンビニなどで売っている缶のタイプだけでなく、飲食店で出てくるビンのタイプも飲んでみたのですが、やはりトマトジュースのような匂いが気になります。

そこで、
「トマトジュースの匂い的なものさえ感じなければ、キリンフリーはおいしいのでは」との仮説をたて、キリンフリーをおいしく飲む方法を研究しました!!

結論はすぐに出ました。

嗅覚をできるだけ閉ざして飲めばよい。
具体的には、鼻から呼吸することなく、一気に飲めば・・・ビールテイスト!!
アルコールなしなので、一気に飲んでも問題ありません。もちろん、全部一気に飲み干す必要はなく、一口でも飲む瞬間は鼻呼吸をしなければ、トマトジュース的な香りを浴びる心配は少なくなります。さらに、確実なのが、飲みながら鼻から息を出すというのもアリ。それと、飲み終わってすぐに鼻で呼吸をしてしまうと「残り香!!」をくらってしまうので要注意。
窒息しない程度に、飲む前には、あらかじめ深呼吸などしておくこともおすすめいたします。

私は、自動車の運転をしますし、運転を交替してくれる人もいませんので、キリンフリーは重宝してます。

きのう、コンビニでキリンフリーの缶をみたら、「さらにおいしく」なったとの表示がありました。どれほど、うまくなったのか、また試したいと思います。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
日本茶ブログのランキングはこちらをクリックしてね!

お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園へ

テーマ :
ジャンル : グルメ

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
2009.11.10カウント開始
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード