FC2ブログ

今年の新茶は◎(二重丸)

今年の新茶は◎(二重丸)!!

↑これ、今年の伊藤園さんの新茶ペットボトルのキャッチフレーズです。

2年前は、たしか「今年は新茶の当たり年」かなんかだったように覚えています。

ところが、昨年は・・・思い出せない、というか、これといったキャッチがなかったような記憶が・・・。

実は、昨年の新茶って、あまり良くなかったんです。
昨年は、暖冬傾向で早く新芽が出てしまい、さらに、新芽が生長して、さあ摘むぞってときに低温に襲われたりして、昨年は新茶にとって大変な年でした。

それに比べて、今年はどうか?

「今年の新茶は◎(二重丸)」

伊藤園さんのお墨付きが出ました!!!

今年の新茶については、春の寒波などの報道などに煽られて、いろいろとご心配おかけしておりますが、私が視察した限りでは、予想外に回復してきています!!

実際に出来上がった新茶は、まだまだ少ないですが、私個人の正直な感想としては、昨年よりは品質がいいと思います。
ハードな気象変動の影響からか、葉の色や艶がイマイチで香りはやや薄いようにも感じますが、それも昨年の新茶よりは今年の新茶の方が全然マシです。味に至っては、かなり良いものもたくさん見受けられます。

したがいまして、私が思うに・・・

「今年の新茶は、星2つ半!!」かな。

今年の新茶は、これからが生産の最盛期入りとなりますので、当然、今後の気温・日照・降水量などにもよりますが、きっと大丈夫です。期待していいと思います。なお、春先の寒波の影響を全く受けなかった畑もたくさんありますし、大きな被害を受けたのは局所的に一部の畑だけと言えます。静岡県の調査でも、ほとんどの畑で平常の8割以上の収量が確保できる見通しだそうです。

農家のみなさん、あと少し、がんばってください!!
こんな気象条件の中、一生懸命作っていただいた新茶を、売って売って売りまくることが我々の仕事であり、また、大変な苦労をされた農家のみなさまへの恩返しだと思っております。
そして、消費者のみなさま、今年の新茶はいろいろとお騒がせいたしておりますが、お茶屋さんなどで実際に売られる新茶の品質はきっと良いものばかりですから、安心してお買い求めください。新茶を買ってくださることで、最終的には、大変な思いをした農家のみなさんに還元されていきます。茶に限らず、国産の食品を買い支えていただくことが、今年は特に大切なのではないでしょうか(私も、キャベツ、レタス、きゅうり・・・高くても買います!!)。
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村ランキング参加してます

お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の川村園ホームページ

スポンサーサイト



テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

はたして、値上げか?

高速道路の新料金が「実質値上げ」なる表現がされているけど、
私は、値上げとは思いません。

何と比べて「実質値上げ」と言っているのかといえば、
早朝、深夜、あるいは土日祝日の「割引料金」と比べて「実質値上げ」ということ。

「割引料金」は本来の料金ではないはずなのに、もはや「割引料金」が基準になってしまっていることに対して違和感を感じます。
割引セールに慣れてしまった消費者が、割引価格じゃないとモノを買わないのと同じレベルのことを、一部の政治家や報道者がもっともらしく言っているという状況には、がっかりであります。そんな政治家やコメンテーターにデフレ克服を語る資格はないのではとも思ったりします。

今度の週末に、仕入れのために静岡県へ行きますが、ウチはETCなしですので「本来の料金」を支払って高速道路を利用させていただきます。頻繁に高速道路を利用するわけではないので、わざわざお金を払ってまで決済手段としてのETCを付けようとは思いません。ただ、仕事上どうしても土日に高速道路を利用しなくてはならない時に、「1000円」のクルマで渋滞しているというのは腹が立つのを通り越して「不思議な国だなぁ」と思ったりもします。


テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

新茶売ってまーす!!

鹿児島産新茶がほぼ出揃いました!!

今年の出来は・・・いいですよぉ!!
昨年のよりも、味が濃くておいしいです。

おかげさまで、売れに売れています!!!
お買い上げいただいたお客様ありがとうございます。
そして、おいしい新茶を作ってくださった、
農家の方、製茶工場の方に感謝いたします。

さて、気になる静岡産の新茶の状況ですが・・・

マスコミ報道で、一般消費者の方にも少しずつ実態がお分かりいただけてきたころだと思います。

生産量が減少し、業者間の取引価格が高くなるのは避けられませんが、
静岡茶のメインである「やぶきた」品種の被害は比較的少ないようですので、
何とかなるんじゃないかなぁーと
前向きに、元気にやっていきたいと思います。
川村園での静岡新茶の販売開始は、
おそらく、5月に入ってからになりそうです。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村ランキング参加してます

お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の川村園ホームページ

テーマ : 三重
ジャンル : 地域情報

只今入荷






キャベツが380円!!新茶はどうなる?

今日、近所のスーパーでキャベツを調達しようとしたら、
1玉380円でした。
ウチの場合、半分のサイズで足りるので・・・198円!!

季節はずれの寒さの影響。

昨日の最低気温が今日の最高気温だったりするんで、もう、どうしようもない。

われわれ一般消費者は、値段が高いだの、安くなるまで買わないだの、言いたい放題。

ところが、生産者つまり農家さんは、われわれの想像以上に大変なことになっているんだと思います。

だから、ハーフサイズ198円でも、ありがたく購入させていただいております。
たぶん、ハーフサイズ198円では、利益出てないかもしれないということは想像できます。

でも、キャベツは天気が回復すれば何とかなるのだと思います。

それでは、新茶の方は・・・

一番茶とは、その年の最初に出てきた新芽を摘み取って作るお茶です。
つまり、一番茶は「年に1回」しか生産できないのです。
しかも、一番茶の収入が農家の生活に直結します(二番茶以降はケタ違いに安い)。

ところが、今年は、3月末の「季節はずれの寒波」の影響を受けてしまった茶園が、想像以上に多いとのこと。

マスコミ報道でご存知の方も多いと思いますが、
風評被害を恐れてか、情報が少ないこともあり、余計にご心配をおかけしているような事態になっています。

「本当のところはどうなの?」って、常連のお客様に直撃されましたが、
本当のところは・・・まだわかりません。
ただ言えるのは、現場の農家さんは、茶畑を回復させるべく必死に努力していらっしゃるということ。元が取れるか保証もないのに、追加の肥料を投入するなどして、何とかしておいしい新茶をお届けしたいと意気込んでいらっしゃいます。こんな時こそと、必死で踏ん張っていらっしゃいます。
ですから、大丈夫です。きっと、おいしい新茶ができるはず。そう信じてください。
そして、農家のみなさまの努力に応えるためにも、国産の日本茶を守るためにも、どうか、今年の新茶を購入してください!!うちの店で買ってくれるとありがたいのですが、この際、店はどこだっていいです。国産の新茶の茶葉を買い支えていただくことが、茶農家のみなさんを勇気付ける唯一の応援方法であります。
そして、お茶を売ることが生業でありますわたくしにできることは、今年の新茶を適正価格で仕入れて、そして、できるだけおいしく仕上げて、たくさん売ること。たくさん売るには、おいしくなければなりません。でも、寒波の影響で、茶の仕入れが割高になるかもしれません。割高でも、それは茶農家の苦労への報酬です。今年の新茶の仕入れ予算は、「その分」を考慮して上乗せして考えております。ウチも大変ですが、茶農家のみなさんはもっと大変なところもありましょう。こうゆうときこそ助け合いの精神とプロの根性が大切だと勝手なことを考えています。

いろいろとご心配をおかけしますが、新茶は少しずつ回復しています。いつもより遅くなるかもしれませんが、きっと大丈夫です。おいしい新茶をお届けできるよう全力を尽くします(鹿児島産は売り始めてます。はっきり言って大好評です!!)。

お茶の川村園(有)掬川 代表 川村正道



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村ランキング参加してます

お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の川村園ホームページ

テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

新茶のぼりたてました







新茶売りはじめました






もっと高くても、吉野家の牛丼を支持します

牛丼の値下げ合戦について、

吉野家さんは、そんなアホ戦いに参加しないでほしい。

むしろ、値上げしてでも品質アップして差別化してほしい。

値下げして、品質が悪くなって、売り上げが激減したという、過去の経験をいかしてほしい。

安売りは、他社に任せておけばよいではないですか。

私は、吉野家の牛丼が一番好きです。味噌汁が別料金なのに、他社より高い価格設定とはいうものの、そもそも安すぎです。もうちょっと高くても、吉野家さんにしかできないおいしさ、品質、満足感の方が大切です。

今、吉野家で食べてるお客さんも、たぶん、同じ考えなのではないでしょうか。
吉野家を通り過ぎても、ちょっと車を走らせれば他社牛丼店はいくらでもあるし、そっちの方が安いことも知っているのに、どうしても吉野家さんの牛丼が食べたいのです。味噌汁ほしければ、50円別に支払えばいいだけ。

私が、学生から社会人ホヤホヤのころ、金がないときは他社牛丼店、給料日などは「吉野家で贅沢に」という感覚でした。あのころの吉野家は、並400円だったと思います。「並、卵、味噌汁」で500円だったと思います。「並、卵、味噌汁」あるいは「大盛、卵、味噌汁(=600円)」というフレーズは、鼻歌のようにスラスラっと出てきたのを思い出します。当時も、他社よりは高かったですが、吉野家でしか得られない、旨さと満足感でおなかも心もいっぱいになったことを思い出しますし、今でも同様です。

安いことは良いことかもしれません。

しかし、本来の正当な価値と比べて、安すぎることは、悪いことです。

金がないから仕方ない、安いものにしよう、ということはあってもよいのですが、安すぎるものばかりでは、いつになったら豊かになれるのでしょうか。

商品やサービスには、原価やコストがあります。
原価やコストといった必要経費に、適正な利益を上乗せしたものが正当な価格です。

安さを追求するために、利益を削る。
消費者が安いことを求めるために、利益が削られる。
消費者が正当な金額を支払わないために、利益が出ない。
そして、最終的には、あなたの給料が下がり、やがて職を失うのです。
そして、
異常な安さを食品に追求すると、
食品の会社がつぶれたり、食品の作り手が破綻したりして、最終的には、消費者に食品が行きわたらなくなるのです。

安売り合戦は、もういい加減にやめましょうよ。

マクドナルドを見習いましょうよ。マックって、よく考えれば、けっこう高いことに気づくはず。デフレといわれる中でも、じわじわと値上げしてきて、それでも、お客は離れてない。
しかも、マックが値上げするので、他社のハンバーガーもじわじわと値段上昇してきて・・・いいことではないですか。

吉野家さん、お願いです。
ほかの牛丼屋よりも多少高くてもいいので、今までどおりの満足感を提供してください。
多くの吉野家ファンが支持しますから。

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
2009.11.10カウント開始
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード