FC2ブログ

お茶を淹れるという日本の食文化

今朝の新聞の、一般の人が言いたいことを投稿する欄に、最近は急須でお茶を淹れる習慣が薄らいできて、お茶が売れなくて、茶農家は食べていけない、お茶を飲んで日本の文化を守ろうとのご意見が載っていました。

お茶と言えば、最近ではペットボトルのお茶のことを指す人が多いようですが、ペットボトルのお茶は正確にはお茶ではありません。「茶系飲料」なのです。
ペットボトルの「茶系飲料」は急須で淹れた正真正銘のお茶と比べて、単に風味が薄いというだけでなく、当然、カテキンなどの成分が少ないのです。ある調査では、「茶系飲料」に含まれるカテキン、テアニンなどの成分は急須で淹れたお茶の半分から4分の1程度との結果もでています。

しかし、急須で淹れたお茶よりも「茶系飲料」の方が多く含まれている成分もあります。それはビタミンCです。ご存知の方も多いと思いますが、ペットボトルや缶の「茶系飲料」の原材料には、必ずと言っていいほど「ビタミンC」の表示があります。わかりますか、ビタミンCという成分が含まれているという表示ではなく、原材料として「ビタミンC」を使用してまっせという表示なのです。もっとわかりやすく言い換えれば、多くの茶系飲料において、飲料の酸化防止のための添加物として化学的に合成したアスコルビン酸ナトリウムを使用し、それを「ビタミンC」と表示しているのです。このため、「茶系飲料」には、急須で淹れたお茶よりも高濃度のビタミンCが含まれていますが、それはそもそも添加物であることを知ってください。

添加物自体を否定するつもりはありません。痛風持ちの私は、今でも、添加物たっぷりのインスタント食品など大好物であります。ただ、ペットボトルの「茶系飲料」の味が、本物のお茶の味だと思っている人が増えている現実を危惧し、そのような消費者の方々に本当のことを知ってほしいと思っているだけなのです。

それと、ペットボトルなどの「茶系飲料」を製造する際に、どんな茶葉が使用されているのでしょうか。正直なところ、正確にはわかりませんが、茶の取引価格を考えますと、スーパーやお茶屋などで売られている安い価格帯の茶葉よりもさらに安価な茶を使用していると思われます。時々、いかにも高級茶を使用しているようなテレビコマーシャルに遭遇しますが、150円程度で高級茶が買えるわけありません。第一、あのペットボトル容器だけでいくらかかるのでしょうか。とあるメーカーでは500ミリリットルのペットボトルの容器と外装フィルムであわせて30円はかかるとのこと。

これまた、ペットボトル茶系飲料を全否定するつもりもありません。出先で喉の渇きを癒すのに、コンビニで数多くの品揃えの中から「今日はこれにしようと」選ぶ楽しみと手軽さを、私自身も利用します。濃縮還元というわけのわからんシステムのジュース類よりははるかにマシと思います。ただただ、本物のお茶とは違うんだということを知ってほしいのです。

私は、お茶屋になって10年以上経過しましたが、日本茶の文化を継承するなどといった偉そうなことを考えたことはありません。ただただ、本物の味と言うものは「すばらしい」と思うのです。お茶だけではありません。先ほど少しふれましたが、濃縮還元ってどんな意味ですか。しかも、果汁100%の横に括弧して濃縮還元ってどうですか。ストレートの100%ジュースの味はご存知でしょうか。あるいは、実際に果物を搾ってフレッシュジュースを作るとどれくらいのコストがかかるかごぞんじでしょうか。安売りの100%ジュース(濃縮還元)を本物の味だと思っていませんか。まさか、お子さんに、濃縮還元の味を本物の味だと教えたりしてませんよねぇ。
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
日本茶ブログのランキングはこちらをクリックしてね!

お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園へ
関連記事

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
2009.11.10カウント開始
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード