FC2ブログ

「水出し茶」は「お湯出し」でもおいしく飲めます

もう、9月になってしまいました。

しかし、暑い、暑すぎる・・・

毎日、熱帯夜&真夏日以上が当たり前で、真夏日では物足りなくて、35度以上の猛暑日ってのが今年の流行だったり・・・


こんなに暑いので、まだまだ「水出し茶」が売れているんですが、

これから寒くなるかもしれないのに今さら「水出し茶」なんて買えないし、かと言って、まだまだ「あったかいお茶」はいらないし・・・というお客様も多いようでして。


そういった方に、是非知ってほしいこと。

「水出し茶」として売られているお茶は、「水出し」と「お湯だし」の両方OKなのです。

この逆、つまり、普通の、ホット用のお茶の葉で「水出し」できるということはよく知られているんですが、「水出し茶」をホットで使えるってことは知らなかったという方も多いのではないでしょうか?


「水出し」とは飲み方であり、淹れ方であり、手段のひとつであります。
「水出し茶」とは「水出し」でもおいしく楽しめるように加工したお茶のことであります。
「水出し茶」として販売されている製品は、「冷水」で淹れた時にお茶の成分が出やすいように加工してあります。

どんな加工か?・・・
「水出し茶」製品は茶葉がかなり粉っぽいです。粉っぽくすることで、お茶の葉とお水の接する表面積が広くなり、冷水でもお茶の成分が出やすくなります。深蒸し茶よりもさらに蒸し時間が長い「特蒸し茶」を使用したりしますが、産地によっては普通煎茶を刻んで(カットして)細かい形状に加工することもあります。
また、冷水で淹れても「お茶の香り」が楽しめるようにするために、火入れ加工をかなり強めに行います。火入れとは、焙煎のことで、焙煎が最も進んだものが「ほうじ茶」です。「水出し煎茶」であれば、「ほうじ茶」にならない程度で強く火入れ加工するといった具合です。
そのほか、きれいな緑色のお茶になるように「抹茶」をブレンドしているものも時々見かけます。

以上のような加工をして仕上げた「水出し茶」は、冷水で出しやすいお茶ですので、当然、お湯ならもっと出しやすいと言えます。


そこで、「水出し茶」をお湯で淹れてホットで楽しむときの注意点をひとつ・・・

・・・「水出し茶」をお湯で淹れるときは、浸出時間を短めにして、すばやく、サッと淹れて下さい。

「水出し茶」製品は、茶葉がかなり細かい上に、強い香味に仕上げられていますので、普通にお湯で淹れると濃すぎるかもしれません(濃いお茶がお好みならこの上ないおいしさなのですが・・・)。
もともと濃厚な風味に加工されていますので、浸出時間短めにし、最後の一滴まで注ぎきって淹れることで、2煎、3煎と、何煎でも濃いお茶が楽しめるものが多いです(これを知った当店のお得意様に、夏に「水出し煎茶」をまとめ買いして冬にホットで楽しんでいる、という方もいるほどです)。


「水出し」とパッケージに記載があっても、涼しくなれば「お湯出し」で頂けますので、くれぐれも来年の夏まで保管などしないで、おいしいうちに飲みきるようにしてください(開封後のお茶は劣化が早いですので)。

日本茶インストラクター 川村正道

ツイッターもはじめました。フォローミー
ツイッターはじめました。よろしければフォローミー。


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村ランキング参加してます

お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の川村園ホームページ
関連記事

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
2009.11.10カウント開始
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード