FC2ブログ

静岡茶の安全性と風評被害最小化へむけて

5月13日14日両日、静岡県内で緊急に行われた「茶の放射能調査」において、
全ての地点で、食品衛生法の規定に基づく暫定規制値(準用値)を大幅に下回る結果が出ました。
健康への影響については、問題がないことが確認されましたので、どうぞご安心下さい。

以下、5月14日分の調査結果です。

放射性ヨウ素については
全ての地点で検出されなかった。

放射性セシウムについては、
全ての地点で検出されたが、いずれも暫定規制値を下回る数値であった。

セシウムの測定値(134と137の合算値)は次の通り
小山町 生葉120.17Bq/kg
御殿場市 生葉101.17Bq/kg 飲用茶5.87Bq/kg
富士宮市 生葉105.37Bq/kg 飲用茶5.68Bq/kg
藤枝市 生葉96.11Bq/kg 飲用茶6.11Bq/kg
川根本町 生葉61.87Bq/kg 飲用茶4.29Bq/kg
掛川市 生葉39.83Bq/kg 飲用茶3.99Bq/kg
浜松市 生葉94.62Bq/kg 飲用茶5.50Bq/kg
食品衛生法による暫定規制値
生葉で500Bq/kg 飲用茶については「飲料水」の暫定規制値200Bq/kgを準用しても、それを大幅に下回っております。

以上です。

【お客様へ・・・静岡茶は大丈夫です!】
ご心配をおかけいたしておりますが、昨日までの測定で、静岡茶が安全であることが確認されました。
どうぞ、旬の新茶をお楽しみくださいませ。
なお、微量の放射性物質が検出されましたが、
「一生食べ続けても安全なレベル=規制値」で、その値を大幅に下回ったというのが、今回の測定結果ですのでどうぞご安心くださいませ。


【風評被害を少なくするために・・・茶業界関係者の皆様へ】

「規制値を超えた」「危ない」ということはスグに、何度も報道されます。
「安全」であることは、ほとんど報道されません(「安全」なのだから、当たり前といえばそれまで!)。

今、新茶を買いたいけど不安で手が出ないという消費者の皆様も多いと思います。
不安ですよねー。だって、安全性について何ら公式な発表がないんですから・・・というと茶業関係者は口をそろえて「緊急の測定の結果が発表されている」と言いますが、そんなことは消費者は知らないということを私達茶業者は自覚するべきでしょう。
静岡県内で報道されていても、全国的にはまだまだ知られていません。
インターネット?・・・日本茶のヘビーユーザーである中高年層の目に触れることは僅かですし、私自身、いろいろ検索して調べていますが安全情報を見つけることは困難でした。
当店では、静岡の新茶の予約をキャンセルしたいとのお申し出もありました。不安なのでしょう。そのお気持ちは、よくわかります。お申し出をされない多くのお客様も、口には出さないけれど不安なのに違いありません。こうした不安を、少しでも解消していくことが必要です。
ですから、茶業者の皆様、ぜひ、情報を発信してください。消費者にとってみれば、お茶を買うための情報が足りません。今こそ「お客様視点」ということを考えなければならないのではと強く感じています。


ツイッターもはじめました。フォローミー
ツイッターでは匿名でもご質問におこたえします。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
日本茶ブログのランキングはこちらをクリックしてね!

お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園へ
関連記事

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
2009.11.10カウント開始
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード