FC2ブログ

懲りずに計算してみた

1kgあたり679ベクレルの製品茶を飲んだら・・・を懲りずに計算してみた。

お茶の標準的な淹れ方(煎茶・並)では、お茶の葉10gに対してお湯の量は430ミリリットルである。

製茶1kgあたり679ベクレルだから、
製茶10gあたりは、6.79ベクレル

これを430ミリリットルのお湯で淹れたときに、製茶に含まれていたセシウムが全て湯茶に出たとすると、
湯茶430ミリリットルあたり6.79べクレルとなる。

これを1kg(1リットル)あたりのベクレル数値に換算すると
6.79÷430×1000=15.79 となる。

つまり、今回話題の製品茶(1kgあたり679ベクレル)を、標準的に淹れたときの、
湯茶に含まれるセシウムは、
全てのセシウムが溶出したとすれば
15.79ベクレル/kg となるんじゃないかなー

1煎でセシウムが全部出たと仮定していますので、実際は、もっともっと低い数値になるのだと思います。
例えば、お茶の葉を変えずに2煎いただくとすれば、濃度が半分になるはずです。3煎までいただけば、濃度は3分の1にというように考えられます。
さらに、セシウム全量が湯茶に出るとは考えにくい(ある程度の量が茶殻に残る)ことからも、お茶として飲む場合は相当低い数値となると思います。


さらに、こんな計算をしてみた。

1kgあたり679ベクレルをシーベルト換算すると・・・
ベクレルを100で割って1.3を掛けるとマイクロシーベルトに換算できるということなので、
679÷100×1.3=8.827マイクロシーベルト
つまり、
この製品を一人で1kg食べたら8.827マイクロシーベルトになる。
もっと、具体的に考えてみれば、
この製品を1人で毎日10g食べるとすると、
1年では10g×365日=3650g=3.65kg食べることになる。
1kg=8.827マイクロシーベルトだから
3.65kgでは、
8.827×3.65=32.21855マイクロシーベルト
となります。
お茶を淹れるときの標準的な茶葉量が1人2gとされてますので、10gで5回分になります。毎回1煎だけで捨ててしまっても、3煎まで飲んでも、10gは変わりません。
「1日に急須の茶葉を5回替える」を毎日飲み続けて、年間で約32.2マイクロシーベルトということになります。

年間1ミリシーベルトが望ましいと言われています。
1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルトです。
1年間の、おこずかいが1000円として、
今回騒ぎになった1kgあたり679ベクレルの茶を毎日10g欠かさずに食べ続けたら32.2円使うことになります。
1000円のうち32円を、どう使うかは、個人の自由です。1000円しかおこずかいがないのですから、お茶よりも他のモノを買いたい人だっていていいわけですから。
喩が幼稚で申し訳ないですが、数値としてはそのくらいになるということでしょう(茶殻を食べない人にとっては、さらに低い数値になるはずです)。

なお、文系出身につき、計算が間違ってたら教えてください。

ツイッターもはじめました。フォローミー
ツイッターでは匿名でもご質問におこたえします。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
日本茶ブログのランキングはこちらをクリックしてね!

お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園へ
関連記事

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
お茶屋にとってたいへんな事になりましたね。
今年はガッテン効果で売れるので?なんて期待も吹き飛びました。
私達、九州人も頭を抱えてます。
九州では大手の圧力が凄い状態で二茶の相場がうなぎ上りです。

泣き言ばかり言っても仕方がないのでお互いがんばりましょう。

No title

博多の緑茶さま
ご心配をおかけいたします。
当初の検査拒否報道で失った信頼は、そう簡単に回復できません。まずは正直に測定し、数値を示した上で、丁寧に説明するしかありません。
今、静岡茶の業者の多くは、自社製品の自主検査を行っています。私も自店製品を自主検査に出しました。静岡茶製品の相当数が自主検査を経て流通しています。なかなか報道されませんが、本当に真面目な業界だと思いますので、なんとか良い方向へいくように努力してまいります。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
2009.11.10カウント開始
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード