FC2ブログ

皆様からのご意見は有難い貴重な財産です。

ツイッターで頂戴いたしました、
静岡茶に対するご意見をまとめました。
茶に携る全ての方々にご覧いただければと思います。
そして、迅速な行動あるのみです。がんばりましょう!

以下
本日、静岡県と当店取引先へFAX送信したものをコピペします。


【静岡茶に対する声】
突然のFAX失礼いたします。
私は、三重県で静岡茶メインの茶小売店を営んでおります。
さて、静岡茶の放射能問題について、
多くの消費者並びに関係者の皆様にご心配をいただいております。

私は、ツイッターというソーシャルメディア上で、静岡茶に対する、苦情からお褒めの言葉まで、さまざまなご意見を頂戴いたしました。
中には、たいへん貴重なご提案もございますし、
この状況でも、日本茶の火を絶やさないでほしいという願いのこもったご意見ばかりであると痛感いたしております。
こうした、生の声を、私のところで止めておくのは、あまりにも、もったいないことだと思いますので、ぜひ、行政、生産者、加工業者、流通業者など、茶に携わる皆様にもお知らせしたく、ご連絡いたしました。
中には、たいへん厳しいご意見もございますし、中傷めいたものもございました。しかし、それらは全て、私たち茶に携わる者への激励であり、それだけご期待いただいているものと感じます。
理由はどうであれ、これほど日本茶が注目を浴びることはなかったのではないでしょうか。大変な苦境ですが、これを乗り越えるためにも、消費者の意見やさまざまな立場の方の助言を大切にし、迅速な行動と包み隠さず情報を公開すれば、必ず信頼回復につながるものと確信いたします。
どうか、前向きな対応をお願い申し上げます。


【ツイッターで寄せられたご意見】※括弧内を除き、原文そのままです
○お茶の習慣を無くしてほしくないです。醤油同様、日本人の食の基軸です。目先の売上の話に見えてしまっているのはみなさんのみならず日本の食文化にとっての大きな損失。お茶業者も知事も、そこをまったく理解されてない。国民が何に期待したか。よろしくおねがいします。
○どうでしょう、どこか小さな生産者グループで土壌検査して、独自の安全証明を出してみては? 政府自治体もやり方がわからないんです。土壌検査もそんなに高くなかったです。誰かが正解を出せばみんな真似しますよ? 共倒れする前に行動されるべきかと。今なら間に合います!
○(サンプル調査や自主検査の)対応できなかった農家のお茶が混入してると思われている限りジリジリと消費者は買いにくくなっていきます。土壌が安全ならお茶も安全です。汚染とび地を計測した経験からいくと20m平米くらいごとに計測すれば間に合うはずです。
○(自主検査について)一部良心的な方々がいるのはわかっております。ただ日本人のお茶文化のためには、すべてのお茶の農家が安心して生産に励めるように、連携して正しい反撃をするべきではないですかという話です。個々でやったら、そりゃあ対応できない農家も出ます
○ほんとだ。「1地区1検体ですから、やはり全ロット検査が理想」といわれている。防霜ファンの影響はどうなんでしょうね?3月15-23日にはファンはまわっていなかったのですね?ファンの羽や支持体自体に放射性物質が付着していたのという可能性はあるのでしょうか? それがファン稼動時にいっせいにふきつけられたとか?
○キワドイ地区は出荷せず、東電に全量買取りなど文句言うべきで消費者が危ない橋を渡らさせられることが、お茶に限らず今回のすべての二次被害の元ではないですか?今年しのいでも、がっちり染み付いたセシウムは50年は影響し続けます。今年土壌回復すれば間に合います。
○こ、これではやはり飲めません…(汗)畑ごとの土壌検査による個別安全宣言しかないんです
○僕が一番気になるのは、5月に生茶葉検査して379ベクレル出た伊豆市のお茶です。伊豆市の製茶の検査結果は359ベクレル。伊豆市産でも、同じ茶葉とは思えない。とすると、379出た茶葉はどこに行ったのか? 出荷停止という話はどこにもありません。
○藁科地区の製茶で放射性セシウムが規制値超えした件、知事は県内の茶業を守ろうと必死なんだろうけど、もう少し丁寧で冷静な説明ができるとね…ただマスコミは「汚染茶」を叩きたいオーラ全開でマイク向けてるんだろうし。
○そんなに自主検査が進んでいたのだとすると、それが一般消費者にほとんど伝わっていないのが残念ですね。
○消費者は 隠蔽される事が一番怖いと思っています。
○川勝知事が人々を怒らせている最大の理由は、加害者は東電であるという認識がどこにも見えないことであろう。
○(製茶検査の公表数値を生葉のものだと勘違いされた方から)製茶なんですか? 知事が製茶、荒茶の検査を行なわないとしていたので、製茶の検査はないと思っていました。
○真の加害者責任が闇に葬られない事を願っています
○JF:「大丈夫だって言ったって消費者が納得するわけがない」・・・お茶業界さんにもJF並みの気合をお願いします!
○(愛知県の荒茶にセシウムで)2グラム摂取でしょ?理屈抜きで抹茶好きには辛いね
○生産者負担の検査料が国、いや東電に請求できるといいですね。また、検査をしたものが判るシステムが出来ると嬉しいのですが。
○私は静岡茶が放射能汚染しているような風評被害ですね、政府は真実の情報を流さないと困ります。私は自分の判断で飲みます、美味しいですから
○茶葉に限らず食品/生産物全般、県の大雑把なサンプル調査より生産者、業者が自腹でやる自主検査に目を向けたいです。
○県知事の強硬なインタビューが印象的過ぎて、その陰で悲鳴をあげている民間の実態を知りませんでした。検査した上で、安全だと言っているという事実をもっと伝えて欲しい!
○私には正直基準がわかりません。お茶の葉での数値、入れた数値。素人にはわからない。初めてのことで専門家の方も大変だと思います。でもだからこそ、お店に置いてある=お店の人が大丈夫だと思ってる=大丈夫を信頼してます。人によるでしょうが。
○信用・信頼はお金では買えない。だから生産者も問屋も小売店も危機感を持って先手先手で対応するほかないですよね。踏ん張りどころですね!
○うちの職場では放射能は話題になっても、誰もパッケージの確認なんかしませんが・・
○(「静岡茶」は静岡100%ということに関連して)「大和茶」って書いた農協のサイロみたいなのがあるんですが、大和茶は奈良県産のお茶ということでいいんですかね?
○川村さんが先日おっしゃっていたように「茶葉業界は正直者」さんですから、ちゃんと検査されてるんですよね。検査していただけてありがたいです。出荷規制になってしまった生産者さんは気の毒に思います。規制された分等は業界から東電への賠償請求をされるのでしょうか?
○どうせわからないから飲めよ、って言う人もいます…
○(金谷茶)製茶の最高値が385Bq/Kg=飲用茶9.0Bq/Kg。水道水では平時の基準が10Bq/Kgなので水の代わりに一生飲んでも安心ですね
○こんな時だからこそ、真面目に厳しく作っていることを、真実を知る評論家みたいな人がテレビで伝えて欲しいですね
○(「静岡茶」はブレンドしているとの発言がTV等で出ている点)結構立派な政治家や評論家も誤解というか、古い知識をご披露されているので困まります
○私の住む神奈川県でも、荒茶の検査拒否というニュースを見て、それでは消費者からの信用は得られないだろうと憂慮しています。
○検査拒否はもってのほかですし、簡易検査ではなく精密検査で正直な測定値を出すことによって、消費者に信用され、信頼が回復されると思います。
○現在の基準は放射線緊急時のマニュアルに沿ったもの。食べるものが無いから落とした肉でも売って良いと言っているだけ。来年から平常時の基準に戻すとなっても余裕でパスするような飲食物を作ったほうがリスクがない
○静岡県知事の発言は自爆テロと言わざるを得ません。風評被害の被害者になりたくないが、だからと言って健康被害の加害者になってはならない。真面目に自主検査やってる茶業者も多いだけに、知事の発言は腹立たしい。
○大変だと思います…と言葉で言うのは簡単ですが。私達消費者も偏見をもったり風評被害に惑わされぬよう、みんなで一緒に歩いていきたいです。
○悩みは尽きませんね。検査の必要性に異論はありませんが…また、杞憂に過ぎず、ちゃんとした検査だったとしても、公的機関の抜き打ち検査でなければ、結局のところ疑う人は疑うでしょう。ことは単純ではありませんね。
○お茶は自分が飲むだけではなくお客様をもてなすものであることを、是非想像してほしいと思います。
○つらい話ですね。でも不二家信頼回復会議の提言にあったように食に対する社会的要請は「安全から安心へ」変わっていることや、お茶は自分が飲むだけではなくお客様をもてなすものであることを、是非想像してほしいと思います。
○静岡茶の生産者は、不二家信頼回復の提言を行った郷原氏のような方に相談された方が良いのでは?不二家とは違い、静岡茶の生産者に何の落ち度もないことは事実ですが、舵取りを間違えて静岡ブランドを潰してしまう危険を生産者は認識した方がいいと思います。
○そういったちゃんとした説明もTVとかで放送して頂けると助かるんですけどね…。マイナスは取り上げてもなかなかそういった事は言わないですよね。今は職人気質な業者では生き残りは難しいですよね。


ツイッターもはじめました。フォローミー
ツイッターでは匿名でもご質問におこたえします。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
日本茶ブログのランキングはこちらをクリックしてね!

お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園へ
関連記事

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
2009.11.10カウント開始
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード