FC2ブログ

「荒茶」「製茶」「飲用茶」の違いは

連日、静岡茶がお騒がせして、ご心配をおかけします。

さて、
「荒茶」とか「製茶」とか「飲用茶」って、どうゆうもの?というご質問がありましたので、いろいろとお騒がせしている用語を簡単に整理しておきたいと思います。

端的に申し上げますと、
畑で摘んだ「生葉」を蒸して乾燥させたのが「荒茶」で、これをさらに乾燥させて製品として仕上げたのが「製茶」です。
「飲用茶」は急須で淹れた湯茶のことで、検査では「製茶」または「荒茶」10gを90℃430mlの湯で60秒浸出させて測定します。

次に、順を追って(時系列的に)・・・

暖かくなって、新芽が伸びてくると、それを農家(生産者)さんが摘み取ります。これが「生葉」です(規制値500Bq/kg)。
「生葉」のまま出荷されることは、まずありません。「生葉」はすぐにいたんでしまいますので、茶摘みをしたその日のうちに一次加工しなければなりません。

茶摘みをしたら、すぐに、荒茶工場に持ち込み、「生葉」を蒸して、乾燥させながら揉んでいきます。こうしてできたのが「荒茶」です(規制値500Bq/kg)。
ここでできた「荒茶」は、「生葉」の時よりも水分が減っています。100gの「生葉」からできる「荒茶」は20gくらいになります。はじめの「生葉」に含まれたセシウムの量は「荒茶」になっても減っていないとすれば、「荒茶」のセシウム濃度は「生葉」の5倍程度になっているということです。しかし、規制値は、加工前の「生葉」と同じ500Bq/kgが適用されています。
この「荒茶」ですが、このままで流通することはほとんどありません。なぜなら、家庭での保存を考えたときに、まだまだ乾燥が不十分だからです。「荒茶」をそのまま消費者に販売するのはごく一部の産直業者に限られます。

ここまでが、農家(生産者)さんのお仕事です。
「生葉」はすぐに加工しなければなりませんので、「荒茶」に加工することろまでを農家(生産者)さんが行います。

農家さんの手によって一次加工された「荒茶」は市場などを介して、問屋(仕上げ屋)等に持ち込まれます。
そこで、二次加工をします。
どんな加工をするかと言いますと、家庭での保管に耐えられるように乾燥させたり、乾燥過程においてその温度を高くして焙煎したり、例えば煎茶を仕上げる場合なら茎や粉を取り除いて精選したり、形状を整えたり(カットすることもあります)、味を調えるためにブレンドをしたり・・・さまざまな工程を経て製品として仕上げていきます。こうして消費者向けに流通できる品質になったのが「仕上げ茶」と呼ぶのですが、これをマスコミ報道では「製茶」と言っています(規制値500Bq/kg)。
この「製茶」が、スーパーやお茶屋さんで消費者に販売されているのであります。
消費者の皆様が手にされる茶製品は、「生葉」から「荒茶」、「荒茶」から「製茶」という2段階の加工を経ているという点をご理解いただけましたでしょうか?
そして、「生葉」「荒茶」「製茶」は、ともに500Bq/kgの規制値が適用されております(規制値についての議論は、今すべきではないと私は考えています)。

2段階の加工を経て店頭に並んだ茶製品(「製茶」)をお買い上げいただいて、ご家庭で、おそらく、多くの人が急須などで淹れてお飲みになるのではないでしょうか。
急須で淹れた湯茶のことを「飲用茶」と呼んでいるのですが、消費者の皆さんがお茶を口にするときの9割以上は「飲用茶」の状態だと言われています。
「飲用茶」には基準がないので、「飲料水」の規制値200Bq/kgを準用しているんですが、製品である「製茶」の500Bq/kg規制が守られている限り、「飲用茶」は10Bq/kgを下回ることが多いということが今までの検査結果からも明らかになっています。
くりかえしになりますが、「飲用茶」の検査は、「製茶」または「荒茶」を10g使って90℃430mlのお湯で60秒浸出させた液体で測定します。この、「10g使って90℃430mlのお湯で60秒」は標準的なお茶の淹れ方と言われております。この測定方法は、ご家庭で1煎目のお茶をお飲みになる条件に相当しますので、茶葉を替えずに2煎3煎とお飲みになる場合には濃度はさらに薄まると考えられます。

以上「生葉」「荒茶」「製茶」「飲用茶」について、取り急ぎご説明いたしました。
気の利いた写真などがあればいいのですが、ごめんなさい、ちょっと立て込んでおりまして(!)

ツイッターもはじめました。フォローミー
ツイッターでは匿名でもご質問におこたえします。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
日本茶ブログのランキングはこちらをクリックしてね!

お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園へ
関連記事

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
2009.11.10カウント開始
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード