FC2ブログ

新基準値は、誰のため?何のため?

もう、これで最後にしますね・・・

(今後問題が発生したならこの限りではありませんが!)


静岡茶への苦言!!!

新基準値について、「茶業界の要望が通った」との表現を、茶業関係者がするべきことではありません。

いったい、誰のための基準値ですか?

安全宣言も同じです。

いったい、誰のための安全宣言ですか?


静岡の関係者の中にも、問題意識をお持ちの方がいらっしゃるはずです(特に若手)。
そういった方々が先頭に立って、業界内の意識改革を早急になされることを強く望みます。


ツイッターもはじめました。フォローミー
ツイッターでは匿名でもご質問におこたえします。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
日本茶ブログのランキングはこちらをクリックしてね!

お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の通販なら老舗茶屋四代目お茶の川村園へ
関連記事

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

本当に問題なのは

お気持ちは察しますが、最大の問題は何か、ということを冷静に考えてみてはいかがかと。

基準値というのは、何かしらの判断が入っているのです。
それ以上なら危険、それ以下なら安全、どこかで誰かが決めているのです。
自分以外の人が作った決まりなら、疑ってみるのが正常な人間の反応ですが、キリがありません。
業界が決めたものでも、学界が決めたものでも、政府が決めたものでも、そこにはそれなりの立場での判断をしているまでで、善悪ではありません。


本質的に考えると、測定値がいくつなのかというのが『情報』であって、それが安全なのか危険なのかは『判断』に属するものです。
判断は各自が調べるなり勉強するなりして習得することで、他人が過大にあおりたてたり、過小に抑えつけるモノではないと思います。


私は数値を正確に包み隠さず公開する事は重要だと思いますが、その判断は各自の責任でするものだと考えます。
判断するだけの知識や能力が無い人は情報を入手する資格がないと言いきるくらいの覚悟が欲しいものです。

ということで

ということで、誰がどこでどんな基準値を作ろうが、それを信じなければ済むだけの話です。


他人の判断に目くじら立てるよりも、各自が自分の基準値を持てば良いのです。

お茶業界の基準値はお茶業界の為のものであって、それ以外なわけがありません。


コメントありがとうございます。

のり様、仰る通りです。

まさに、業界のための基準値といわざるをえません。

これにより、私共の業界は、茶葉での数値の公表をしておりません。これではまともに「判断」できませんね。

少なくとも、情報は公開せよという趣旨で書きました。
これ、2月に書いたんだなあと、今、振り返っております。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
2009.11.10カウント開始
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード