FC2ブログ

新茶とは?

「新茶」とは?

知ってる人にとっては当たり前のこと。しかし、実は知らないという人も多いもの。
一年中「新茶」の看板やのぼり旗を立てて、一年中「新茶」という表示の商品を店頭に並べていたりするお茶屋が、わりと多いので、なんだかよくわからずに「新茶」と思って買っているという消費者の方も多いのではないでしょうか。

さて、本題。

「新」というからには、その年で、最初に収穫された「新もの」であります。

お茶の樹には、だいたい、いつでも葉っぱが付いています。だから、その葉っぱを摘み取ればいつでも「新茶」だと思っている人も、恥ずかしながら同業者の中にいらっしゃいますが、そうではありません。

お茶の樹には、常に葉っぱが付いているのですが、冬を過ぎ春になり、気温が上昇してきますと、その葉っぱの先っちょから鮮やかな緑色の「新芽」が、にょきにょきと出てくるのです。春先にちょろりと出てきた「新芽」は、気温の上昇とともに少しずつ大きくなっていきます。この「新芽」がほどよく生長したものを摘み取って製茶したものが「新茶」となるのです。

「新茶」のできる時期についてですが、よく言われるのが「八十八夜」の頃。立春から数えて88日目、すなわち5月2日(閏年は5月1日)が「八十八夜」です。この日に摘まれたお茶(「新茶」です)を飲むと、一年間無病息災で元気に過ごせると言い伝えられています。近年は「温暖化」によって収穫時期が変動してきていますが、だいたい5月初旬ごろが「新茶」収穫の最盛期です。
もちろん、南の地域はもっと早くから摘み取れます。最も早い沖縄県で3月中旬ごろから、国内第2位の生産量を誇る鹿児島県では4月中旬ごろから、日本一の静岡県は4月下旬ごろから、静岡県でも涼しい山間部は5月中旬ごろから・・・と「桜前線」より数週間遅れて「新茶前線」がやってきます。

その年最初に出てきた新芽を摘み取って製茶した「新茶」のことを、別の呼び方で「一番茶」といいます。
「その年最初の新芽」=「一番」ということなのです。
一番があれば、二番以降もあるのです。

その年最初の「新芽」=「新茶」=「一番茶」を摘み取ったあと、さらなる気温の上昇によって、再び「新芽」がにょきにょきと出てくるのです。これを摘んで製茶したものが「二番茶」です。
「一番茶」を摘み取ってから50日程度経った頃が、「二番茶」の最盛期です。

「二番茶」は、その年の二番目の新芽ですので「新茶」としては販売しないのが普通です。

ところが・・・(ここから、話がちょっとややこしい)

仮に「徳用煎茶」という名前の商品があったとしましょう。
「徳用煎茶」の原料は二番茶を使用しています。
「徳用」だけに、温かいお茶を飲む季節は売れに売れます。
秋から冬にかけて売れまくり。
やがて春になっても、まだまだ売れる。
このころの「徳用煎茶」の原材料は前年の二番茶です。
そして、6月頃になると、
今年の二番茶で製茶できるようになります。
今年摘んだ原料で製茶したものですから・・・
「徳用煎茶」が新茶に替わりました!!
とお客様にご案内しても悪くありませんよね。

どうでしょうか?
こうしたケースでは、二番茶も「新茶」として販売されているです。
二番茶なら、まだいいのですが、お茶の樹は新芽が次から次へと出てきますので、
三番茶、四番茶というのもあり、「夏の新茶」「秋の新茶」として売られているのを見掛けます。

言葉の意味的には誤りではありませんが、
品質の面から考えますと、春の「一番茶」は別格と言えるほど圧倒的なおいしさですので、
「新もの」という意味において、
あるいは、旬を味わえる品質であるという点において、
「新茶」=「一番茶」とするのが、
一般的には相応しいのではないかと思います。


お茶の川村園での「新茶表示基準」は次のとおりです。
「新茶」商品は「一番茶」に限定しております。
「新茶」の表示は、6月ごろまでとします。
通年販売の定番品の「新茶切り替え」のご案内はその都度行いますが、「新茶」表示は6月末を目処に終了します。
6月下旬以降「新茶切り替え」となる定番品(二番茶原料の商品)につきましては、とくに「新茶」の表示をしません(口頭などで、今年の原料に変わった旨お伝えすることはできます)。
7月以降入荷商品には「新茶」表示はしませんが、6月以前に入荷済みの「新茶」表示品が売れ残っている場合もありますが、これはそのまま販売します(表示シール等剥がすことができないため)。


ほかのお茶屋さんも、多くはウチとよく似た基準でやっていらっしゃるんだと思いますが、
ときどき、一年中新茶になってるお茶屋さんに遭遇するので、どきどきしてしまいます。

今年の新茶は・・・これからの天候次第ですが、いいものができますよう毎日毎日祈っております。
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村

お茶の川村園ホームページkawamuraen.jp
お茶の川村園ホームページ




関連記事

テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
2009.11.10カウント開始
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード